efo導入のメリット

そんなefoですが、導入することでどのようなメリットがあるのかご紹介します。まず、サイトなどを運営する上で重要なのが外部施策と内部施策の2つなのですが、外部施策はSEO対策や広告などです。そしてefoが含まれるのが内部施策です。この内部施策がしっかりしていなければ、せっかくの外部施策の効果も半減してしまうということになってしまいます。

入力フォームというのは、入力する人側からすると入力項目が多いフォームやエラーが頻繁に起こるフォームはとてもストレスが溜まってしまいますスムーズに入力が進まないことによってページを離れてしまう人はとても多く、それによって得られる収入を逃してしまいますが、efoで外部施策をしっかりと行えば入力フォームから離れるユーザーを減らすことができるというメリットがあるわけです。

また、efoの中にはガイドナビケーション機能・リアルタイムアラート・住所自動入力など入力フォームを利用する人がより情報を入力しやすくしてくれる機能などもあります。そういった細かいサポートがページの離脱率を下げ、結果的に商品の購入や新規の契約などに繋がっていくことになります。しっかりとホームページの内部施策をefoでしておきましょう。

efo導入の仕方

では、多くの人が離脱してしまう入力フォームを人が離れないようにするためには施策が必要で、その施策方法としてefoが有効であることは理解してもらえたと思いますが、そこで気になるのがefoの導入方法です。人が離れてしまう入力フォームのままにはしておけませんからしっかりとefoを導入して対策を採っておきたいものです。

efoを導入するためには、efoツールを提供している会社があるので、そちらを利用して自社の入力フォームに導入が可能となっています。特に、ASP型のefoですと、自分のホームページに専用のタグを貼り付けるだけという非常に簡単な利用方法になっているので、入力ホームの作り直しなどの面倒な手間はありません。手軽な利用方法となっているので人気を集めています。

EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】

また、efoのツールを提供している会社の中には1ヶ月試しに使用してみることが可能な体験版などを提供しているところもあります。ツールを使用することでどれくらいの効果があるのかは本格的に使用する前にある程度知っておきたい部分でもあります。なので、efoの導入を考えている場合にはまず体験版を利用してみてその効果を実感してみてから本格的に導入していくという方法にしてみても良いかもしれません。

efoってなに?

『efo』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?中にはこの言葉を見慣れていないという方も居るかもしれません。このefoとは『Entry From Optimization』の略称で入力フォームを最適化することを指している言葉です。私たちは普段、インターネットを利用していればネットショッピングだったり、利用したいサイトなどの会員登録や利用したいサービスの資料請求などをするという機会もあるでしょう。そんなときに利用することが多いのがこの入力フォームなんです。

この入力フォームには、必要な自分の情報などを入力する訳ですが実はこのフォームにたどり着いてから次の段階に進むまでに多くの人がフォームから離れてしまうという現象が起きてしまうんです。そのため、フォームから離脱する人を防ぐための施策として使われるのがこのefoで、フォームの中から人が離脱してしまうポイントを見つけることでそれを改善するという最適化を行ってくれます。これによって、より利用する人が利用しやすい状態になります。

この入力フォームに情報を入力してもらうことによって商品を販売することができたり、新規の会員を得たりすることが出来るわけですから、この段階から人を離脱させないようにすることは非常に重要です。入力フォームにefoなどの施策を取り入れない状態にしておくとそのページを訪れた人の60%程度のユーザーが離脱していくとも言われているんです。だからこそ、それを防ぐためにもefoについてしっかりと知りましょう。